読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されヤスい?ヘンリー・カビルが激安♪スティール

家族にも是非観てもらいたいので。取り敢えず到着まで待つことにしましょう。。

イマが買い時!

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

スティール ヘンリー・カビルマン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット(3枚組)【初回限定生産】【Blu-ray】 [ ヘンリー・カビル ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

町だけでなく!国だけでなく!地球を懸けたスケールの大きな闘いで!『マトリックス・レボリューションズ』以来の超人的なバトルシーンでした!「街壊し過ぎ(゜o゜;」って感じましたが。国内の大多数がレンタルで借りて居る現状・・薄型テレビの下向きスピーカーだけで視聴する現状・・メーカーとしてはこれで良いのでしょうけれど、ケースを驕った特別版なんかイラナイから高画質、高音質版を出して欲しいものです。今までの映画でほとんど描かれていなかったクリプトン星人の文明についても掘り下げられていて、異星であり高度に進んだ技術を表す造形は興味深いです。・・とは言え、近作らしくスピード感のある描写、トランジェントの良い音響など大画面で観賞するに相応しい仕上がりです。出来たら、もう一度映画館のスクリーンで見たいです。とてつもない力を持ちながらよくぞ地球人の味方になってくれたなと思います。IMAXの劇場で観ましたが内容・劇場共に大満足でした。新しくても古くても大好きなシリーズです。クリストファー・ノーランが係わるからには今までと全く異なるスーパーマンを描いて欲しかった。】ストーリー然り、キャラクター然りであくまで前作のリブートと感じ、ビギンズから起動したダークナイトシリーズの刺激的な展開は・・と思いました。オリジナル音声がDTSHD-MA7.1chである点は評価出来ます。内容は前作リターンズから一新してあらたに始まる一作目という事ですが!なかなか良かったです。ベースのストーリーを踏まえつつも、旧作とは全く違う展開です。私のお気に入りのカビィルがでているだけで満足なんです。意外と前置きが長くて!というか!見終わって!前置きである事に気付くという感じです。アクションが素晴らしい。まだ見てませんが、この週末にゆっくり鑑賞したいと思います。【アクションシーンに些か冗漫さを感じ食傷気味ではありますが・・。特にラッセル・クロウケビン・コスナー演じる2人の“父親”が素敵で、何度もグッときました(>へ<;あまりに骨太なドラマなので、敵であるゾッド将軍にも哀れみを感じました。余裕が出来次第観たいです。自分的には今夏劇場観賞映画中三番手の出来です。その位ハマりました!届くのが楽しみです!!今までのスーパーマンとはちょっと違った感じだと聞いています実際見てないので!来るのが楽しみですお気に入りの映画はいいつも手元に置いておきたくて購入しています。先入観なしに!多くの人に見ていただきたい作品です。【惹句は期待を持たせるモノでしたがね・・。やっと視聴しました。映像について言えばスピード感が爽快です。早く見たかったので!1ヶ月以上前からから注文していましたが!残念なことにメール便が届いたのが発売日の夜でした。スーパーマン自体は古臭いスタイルというかコスチュームがダサくて今までカッコよく感じたことはなかったのですが、マン・オブ・スティールを観てから変わりました。しっかりとした作品ですね。面白かったんですが、カメラワークがちょっと好きになれず、星ひとつ減ってます。ちなみに次回作はバットマンも出てくるとか。まさしく娯楽大作という感じで、映画館でも見ましたが引き込まれました。宇宙船が現れるシーンは『第9地区』を思い起こしました。加速が殆どなく!いきなりトップスピードで慣性を感じさせない動きがとても新鮮です。現代的になった“スーツ”もカッコよかったですが!それを着た主演のヘンリー・カヴィルのマッチョさもお見事!アメリカン・ヒーローだけど!この方実は英国人です( ̄ー ̄*)今後!シリーズとしてどうなるのか…頑張ってもらいたいです☆何度見ても感動する作品です!孫たちにも見せたいです。「バットマン=ダークナイト」シリーズ同様、全くのリブート作品。バトルシーンはまるでドラゴンボール?並みのスピード感(笑)義理の父のケビン・コスナーの子への思いも見所で、単なるヒーロームービーとしてだけではなくヒューマンドラマとしても良かったです!私の年代では、電話ボックスとタイツの様なコスチュームでしたが、予告編を観て来るのが待ちどうしいです。・クリプトン星のシーンが目新しい・大人に成長するまでの人間と違った能力に苦悩する・恋人になるロイスがクラークケントとスーパーマンが同じ人物だと知っている!等CGによる映像の凄さもさることながらヒューマン面もしっかりと描いていました。クリストファー・リーブのスーパーマンが大好きでそれ以外のスーパーマンは認めないぞ!というくらいの意気込みだったのですが!この映画はいろんな意味で新しいスーパーマンを作り上げてくれた見ごたえのある作品です。劇場観賞して良かった映画の一つです。今回発売前に予約購入ですが、DVDを予約して購入するのはマンオブスティールが初めてです。実はまだみていないのですが中身は雑誌等で把握しています。戦闘シーンの動きがかなり早いので、とりわけLCDあたりの視聴は結構厳しいのでは無いでしょうか?ソフト側も1000円や2000円高くなっても良いから、DVDなんて要らないからMGVCや4Kマスター採用くらいの気合いを入れて欲しかったですね。購入したら繰り返し見ようと思います。以前から再復活を楽しみにしていました。それだけに、脇役の存在感の強さが気になるぐらいです。12月発売の他の大作では5.1chですからね。製作「クリストファー・ノーラン」という事でかなり期待をしていましたが、少し力が落ちているのか?「ザック・スナイダー」の灰汁が強いのか?クリストファー・ノーランをしても、リチャード・ドナーを越えられなかったのであろうか?・・・他の大作に較べ影の薄い印象を持ちました。それはひとえに地球での育ての親の教育の賜物でしょう。これだけの大作&大迫力映画であるなら!映画製作者の制作真意を感じるにはレコーダー+直視型ディスプレイでは厳しいでしょうね。ブルーレイで見るのに良い作品ですおすすめです。以前のスーパーマンはちゃんと観た事がなくなんの予備知識もないままで映画を観ましたがすごく楽しめてまた観たい!と思いました。大筋は旧1&2作目を混ぜたような話ですが!サム・ライミ監督〔スパイダーマン〕やノーラン監督〔バットマン〕のように“クラーク・ケント=スーパーマン”の人格形成とそれにまつわる人間ドラマが丁寧に描かれています。このまま続いていく事に期待します。正義とは何か考えさせられる内容ですが!ドラゴンボールを彷彿とさせる映像がとにかく印象的でした。スーパーマンシリーズが好きなので映画館で観てから、ソフトの発売を楽しみにしていました。でもクリスチャン・ベールじゃなくてベン・アフレックなんですよね…デア・デビルじゃん(-。-; ノーランプロデュースなんだから!そのままクリスチャン・ベール出してほしかったな…。薄型テレビの貧弱なスピーカーで再生するには勿体ない。】BD化され大きな画面で迫力の音響を愉しむには正にうってつけの作品だと思いますが、 5〜60インチ程度の小さなテレビの画面で観るのでは勿体ない。